ここは どこでしょう?


電子工作などに熱が入りすぎて専用のサイトを用意することにしました。
実用性のあるものから、そうでないものまで楽しく工作しています
ぜひ こちらをご覧ください。
「e-craft 電子工作室」はこちらです http://agc.ne.jp/e-craft/


Intel NUC 修理してみた(最新の投稿記事を表示)

昨年末に突然起動不能になり急遽なんとか別のPCで仕事できるようにあれこれした・・・その後

起動しなくなったNUCのお名前は

箱にはINETL NUC KitのNUC6i5SYKとありますがM/Bに貼られたシールにはNUC6i5SYBとなってますね

名前が示すように第6世代のi5が載っている10cm角の厚さ32ミリ程度の小型PCキットです。

症状は起動しない 電源スイッチを押すも反応無しの状態でした。

そんな症状ですが、んー気持ち的には電源回路回りがダメになったかなと思っていました。頭の中ではもう一つの原因も浮かんでいて捨てる前に試してみようかなってことで筐体から取り出して確認してみることにしました。

筐体から取り出すとこんな感じのマザーボードです。

NUC6i5SYKの基板

これですわ

メモリーとSSDは外しています、CPUはこの裏側ですよ

nuc6i5sykのcpu側

そして問題の原因と予想している部品は黄色で囲ったところです。

これ電源スイッチです、このスイッチをテスターで調べたらショートしているような感じです。タクトスイッチというんですけど、これたくさん持ってるので交換することにします。

ここのスイッチを取り外したスイッチ部分の画像がこちらで

nuc-sw

さらに分かりやすいように拡大するとこれです

tactsw

まずいな かなりまずった

タクトスイッチは4本足が半田付けされているのですが、最後の1か所、黄色で囲ったところの足の部分が あちゃー

スイッチの下に工具を差し込み半田こてで少しずつ半田を溶かしながら浮かしてたんですが、最後のところで咳きこんでしまい、そのはずみでスイッチが飛んでいきました、当然基板からパターンが剥げる感触が手に伝わり終わったと思いました。

この基板、熱の伝わり方というか逃げ方から判断して6層以上の基板ではないかと思っています、4層だともう少し半田が溶けやすいのですが半田こての温度をかなり上げないと熱が逃げて半田が解けなかったのでかなりの多層基板であるのは間違いありません。

でっ 問題は剥げたパターンのところを見たらビアが5発も打ってある(専門用語ですみません)

えっ ということはどことつながっているんだ???

事前にテスターでこの周辺の配線を確認しているのとスイッチの構造から考えてなんとか行けるはずと思い手持ちのタクトスイッチを取り付けました、わざと黄色のを付けてます、蓋したら見えないけどね・・・なんとなく

fix-sw

さあこれでためしてみよう、筐体に戻してスイッチを入れるぞー

修理完了

やったね 治りました ばっちりです

このPCにしか入れていないアプリがありネット認証による1台限りのライセンスだったのと、メンテの都合で古いバージョンのアプリもあり、新規のPCでは旧バージョンが入手できないため対応できないことがあったので、とりあえず再度使えるようになったのはとっても嬉しいです。

タクトスイッチは今までの経験では接触不良になることが多くて押しても導通が悪く接触抵抗が高いことが多かったんですけど、今回はショートに近い壊れ方でした。

もし同様なNUCをお使いの方でスイッチが入らなくなったら、こんな感じでスイッチを交換されてみてはいかがでしょうか。